HiLIQ CALP'S リキッド・ニコチン30ml/3ml


この季節に、あの〇ピスのレビューですが見てやって下さい。〇ピスの嫌いな方はスルーしてね。FROGMANは好きでも嫌いでもないですね。昔、ホット〇ピスを飲んだことがあるけど、多分そんな感じかなーと思いつつ書いてます。それではリッキドの紹介します。

ご紹介のHiLIQ・〇ピスリキッドカルピスは多くの日本人に愛されていますが、そのお客様のご希望に応える〇ピス風味のリキッドが仕上がりました。」とメールで試飲プレゼントの案内が届いていたので、どれぐらいの再現度なのか気になり、購入しました。

〇ピスは、日本の飲料・乳製品メーカーである〇ピス株式会社(英称:Calpis Co., Ltd.)および、同社が製造しアサヒ飲料が販売する乳酸菌飲料の名称である。ローマ字表記はCALPIS、日本以外ではCalpicoとも。 〇ピス本社は、東京都渋谷区に所在していた。2012年(平成24年)10月に味の素が保有していた全株式をアサヒ飲料等を傘下に持つアサヒグループホールディングスに譲渡され、同社の完全子会社となった。2016年(平成28年)1月のアサヒグループにおける飲料事業の再編に伴って、アサヒ飲料の機能子会社となる2代目法人となり、本社が東京都墨田区吾妻橋のアサヒビール本社ビルへ移転した。併せて、「カルピス」の登録商標についてもカルピスから親会社のアサヒ飲料に商標権が移管された。 現在のコーポレート・スローガンは「カラダにピース。〇ピス」。 ウィキペディアより

ボトルとラベルデザイン



ボトルは毎度お馴染みのユニコーンボトルです。が、今回の〇ピスのラベルはいつもの安っぽいラベルでした。ハイリクでは高い目の¥803.85で購入(ニコチン無し、購入ご添加)。裏は注意事項とバーコードとロットナンバー、VG・PGがかいてあります。PG30%・VG70%で購入しました。



HiLIQ 〇ピス リキッドの商品詳細




ベース液 オプション
PG/VG:50/50 
ペンタイプ等の高抵抗アトマイザーにあい、リキッド自体の美味しさを最大限体験することが可能です。
PG/VG:30/70
高出力のBOX MODなどにあい、刺激感が少なく爆煙を体験できます。
今回はMODに、VANDYVAPE Pulse BF 80W BOX MODにアトマイザーVapeflyGalaxiesMTLRDAを付けて吸って見ようと思います。


商品詳細一覧表


ブランド名 HiLIQ
商品名 〇ピスリキッド
容量 30ml
PG/(Propylene Glycol=プロピレングリコール)  
食品香料
70%
VG/(Vegetable Glycerin=植物性グリセリン) 30%
 ニコチン濃度 3ml
生産国 中国
価格 ¥803.85

frogmaは今回はHiLIQの説明は確認してません<m(__)m>

それでは早速ビルドして吸ってみたいと思います



0.81Ωの23WでカンタルA1・24GA・3mm・6ラップ巻いて吸ってみました。まずは匂いですけど、甘酸っぱい香りで、ザ・乳酸菌です。かなりきつめ!
それでは吸います「スー、プハー、ゲホゲホ」酸味が強くてむせてしまった。これは〇ピスと言うよりも、乳酸菌のタブレット(商品名忘れた)ってあるじゃないですか、そういった味ですねー!
なんとなくホット〇ピスもまざっているかなぁ。とにかく、匂いはキツイです。なれると吸えます(笑)リピート有かと言われたら、無しかなぁ~。こういうの好きな人はいると思います。 星【★★☆☆☆】(あくまで個人の感想です)


HiLIQ CALP'S リキッドのまとめ


今回ご紹介しました 〇ピスリキッド ですが、私個人の意見としては、中国製でよくここまで再現したなーと思ったのと、日本の企業で再現度の高い〇ピスの飴などを製造販売している会社はすごいんだなぁーと思いました。
コスパの魅力は再現度から言ってないかなぁーHiLIQ さんすいません。(あくまでも個人の感想ですから(笑))

今回、思ったことは人間、なれって怖いです。吸っているうちに別に普通に何の違和感もなく吸っている自分がいました。まぁ、それだけ、まだ吸えるリッキドなのかな!?一度、試してみてね!