FROGMANです。電子タバコ(VAPE)のアトマイザーには、大きく分けて4つの種類に分かれます。クリアロマイザー・RTA(Rebuildable Tank Atomizer)・RDA(Rebuildable Dripping Atomizer )・RDTA(Rebuil Dable Tank Atomizer)


電子タバコ(VAPE)アトマイザー・クリアロマイザー


  1. ドリップチップ(Dorip Tip)
  2. 上部本体(トップパーツ)
  3. ガラスチューブ
  4. コイル
  5. デッキパーツ(エアフローコントロールバルブ)
電子タバコ(VAPE)のアトマイザーには、大きく分けて4つの種類に分かれます。FROGMANは一番最初に使ったアトマイザーは確かアスパイア・ノーチラスミニでした。多分(・・?最初は皆さんも、取り扱いの簡単なクリアロマイザーを使うと思うので説明します。今はポッドかな?
パーツは図の様な感じです。
クリアロマイザーの「クリア」は、タンクのガラスチューブ(パイレックスガラス)の事で、魅力は各種のクリアロマイザー用の専用コイルを付け、リキッドを入れるだけで吸えるという手軽さです。自分で、ビルドしない分手軽で手間暇かからずです。後、ガラスチューブなのでリキッドの残量がわかりやすいのも魅力の一つですかねぇ。

クリアロマイザーの構造


クリアロマイザーは、電源を押しドリップチップから吸い込むことで、エアーホールから空気が入り、リキッド・空気と一緒にコイルの方へと流れていき熱せられたコイルがリキッドを液体から蒸気にしてくれ、それを吸うという構造となっています。(*-ω-)ウンウン♪





ご紹介したクリアロマイザーですが、vapeのスターターキットにセットで入っているので、キットを買いスグに使えるので、初心者の方には簡単で使いやすくおススメです。(バッテリーは別売の場合が多いので確認して購入しましょう(-。-)y-゜゜゜)

免責事項


本サイトに記載の情報は、あくまでも個人的な体験・感想によるものであり、 個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。 本サイトに記載の情報の利用、商品の購入などにつきましては、 読者様の責任にて実施をお願い致します。 正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。 本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。