コンパクトで漏れにくい!ユニークなデザインのGeekVape AMMIT MTL RDA22mm


こんにちは!FROGMANです。最近、クトゥルフのHastur MTL RTA Minin 2mlが味も良く漏れ漏れもなくて使っているんだけど、エアーフローが下に付いているので調整しにくいと思っていたところ、エアーフローが上部に付いているヤツがあるアトマイザーがあったので紹介したいと思います。その、ヤツと はギークベープ 社製のアメミット22mm シングルデッキBF対応 RBA RDA ドリッパー AMMIT MTL RDAです。RSQ V2 NS 80w squonkにつけてビルドしてみました。今回は、【Flavor-Kitchen】さんで購入。色はGunmetalにしました。中々いい色でした。FROGMANは暇があまりないので、VAPEショップには行かないのでたまに色々と外れを引きますが、まずは色はOKでした。(*´∀`)ノ


【Geekvapeの会社概要】


Geekvapeは、私たちが製品開発プロセス全体を通して実行する3つのキーワード、「品質」、「革新」、および「ユーザーフレンドリー」を遵守しています。私のソーシャルメディアで最も好まれているレビューから引用されています。

私たちは、顧客のニーズや関心を非常に気にかけながら、あらゆる顧客が平均的なJoesまたは熟練したハードコアユーザーであれば私たちの製品を楽しむことができるような非常に手頃な価格でそれらを届けます。


製品仕様

  • GEEKVAPE AMMIT MTL RDA本体:1点
  • 交換用Oリング、ネジセット:1点
  • AMMIT MTL RDA用ドリップチップ(小):1点
  • ※本体に組み込み済み
  • AMMIT MTL RDA用ドリップチップ(中):1点
  • 交換用510サイズドリップチップ(大):1点
  • BF用コンタクトピン:1点
  • プレビルドコイル:2点
  • T字ドライバー:1点
  • ユーザーマニュアル(英語):1点


パッケージ&スクラッチ&チェックシール

クッション材に包まれてやってきました。それを剥がすトー、「ジャジャーン」プラのケースに透明のセロハンで包まれたアメミットが出てきました。YOU TUBEの動画ではしっかりとした作りの紙製のケースになっていましたが、なぜかプラケース(*´▽`)ノノ 
おまけでアルミのアトマスタンドが付いてました。アトマスタンド助かるんだよね。「ありがとー」Flavor-Kitchenさん。

裏はこんな感じです。英語で何か書かれていますがFROGMANにはさっぱり分かりません(´ε`;)
右下にはスクラッチ&チェックシールがはってあり本物かクローンか(製品偽造防止)の確認が出来るシールが貼ってあります。
今回も、めんどくさいのでチェックはスルです。 

プラケースの両サイドには、開封防止のシールが貼ってありました。キッチリしてます。

どうでしょうか?このルックス!結構カッコいいと思いませんか!話は違いますが、このアトマイザーに有るマークは何のマークなんですかねぇ?Googleでググってみました。アメミットとは、アヌビスと共に死者を裁くエジプト神話の幻獣なんだって(´c_` )ホー。!


GeekVape AMMIT MTL RDA22mmのカラーバリエーション&スペック


【カラーバリエーション】
ステンレスシルバー・ゴールド・ブルー・レインボー・ブラック・ガンメタル・バイオレットの7色があります。画像を、公式サイトからお借りしました<(_ _)>




スッペク一覧表



メーカー Geekvape
製品名 AMMIT MTL RDA 22mm
サイズ W:22mm×H:38.3mm
(H:25mm ※ドリップチップ・スレッド含まない場合)
重さ・材質 38.8g・ステンレス
コイル規格 RBA(シングルコイル前提)
チャンバー デュアルレイヤーチェンバー構造
推奨ワット数 15-20w
ドリップチップ規格 510規格
接続規格 510規格
BFピン 対応
エアフロー方式 トップエアフロー(12種類のエアフロー調整オプション)3次元(3D)エアフローシステム
カラー ステンレスシルバー・ゴールド・ブルー・レインボー・ブラック・ガンメタル・バイオレット


GeekVape AMMIT MTL RDA22mmをばらしてみます!

大きく分けて3個のパーツに分かれます。
左から、ステンレス製台座に取り付ける樹脂製ドリップチップが最初に付いていて、後その樹脂製のロングなやつとオールステンレスのドリップチップ、全部で3個ありました。
それから真ん中がデッキで、右端がトップキャップとなります。


左側から、ステンレス製の台座に乗せる樹脂製のドリップチップは2タイプで内径が小さくMTL向けかな。特に中央のドリップチップ。右端のドリップチップはステンレス製で長くて内径サイズは左端の物とあまり変わらない様に見えます(;`O´)o目視だから間違ってたら教えてね!


トップキャップの上にエアーホールがあり、ホールは大から小まで5つのホールが設けられています。(画像では4つしかホール写ってませんでした<(_ _)>)

トップキャップの裏はこんな感じになってます。内側のこれチャンバーでいいのかなぁ、はドーム型になってます。このトップキャップのエアーフローから、空気が外側と内側のすきまからチャンバーに取り込まれる様になっています。

デッキ裏側には製品名「AMMIT」とロットナンバーが入っています。( ´∀` )
後、Designed by Geekvape(Geekvapeによるデザイン)も入ってます。


360度見える様にアニメーションにしてみました。(テスト段階ですので少々汚くてすまん)
デッキは2ポストのシングルコイル対応デッキです。この画像からは見えにくいですが、ジュースホールは結構深めでシリコンボトルをパフパフする回数も少なくて済みそうです。エアーホールは赤い矢印の所の3か所で中央のエアーホールは大きさがかえられます。トップエアフローで取り込んだ空気は横の矢印のホールからデッキに供給されます。( ´∀` )


 



大きさの比較


左から順に、
  • Vapefly PIXIE RDA22mm
  • NERISSA BF RDA
  • Vapefly Galaxies MTL RDA
  • Wotofo Nudge RDA Atomizer
  • GeekVape Ammit MTL RDA
小さめのアトマイザーが好きなんですが、GeekVape のAmmitは少し大きく、重めなんですよ。お味はどうですかねぇ~(^▽^)

ビルドしてみます!!


ワイヤーはカンタルA1の24ゲージの3㎜で7ラップで0.92Ωです。作ったコイルの矢印のとこらへんをペンチで曲げてやると、ポストに入りやすいしビルドしやすかったです。実はそのままポストに通してあまり見た目が悪かったのでやり直しました!(;^_^A アセアセ・・・

上記のように少し曲げてやると、ほらこの通り簡単に出来上がりです。この画像は、焼きも入ってます。
2ポストのネジもプラスで眼鏡をかけているFROGMANはプラスネジ最高です。絞めやすいですねぇ~。コイルの調節は好みで行ってください。

お疲れ様でした。あとはコットンを詰めて出来上がりです。コットンはジュースウエルが大きめで少し深いので長い目でカットしました。ばっちりオッケーの出来上がりです。(自画自賛)(∩。∩;)ゞテレテレ・・・後はコットンにリキッドを湿らせて熱を加えコットン臭を飛ばしてトップキャップを付けて出来上がりどす!トップキャップがハメにくいのでパッキンを1つ外してもいいかと思います。

画像では40wになってるけど25~30ワットぐらいが美味しく頂けると思います。 


GeekVape AMMIT MTL RDA22mmの感想


今回、紹介した GeekVapeのAMMIT MTL RDA22mmですが、まる一日吸って見ました。ドリップチップも口当たりも良く、ドローもエアーホールで5段階に調節でき一番小さいホール~大きいホールまでどれも、キツキツやスカスカでなく心地よいドローでFROGMANは結構いい感触でした。味は良く出るアトマイザーです。重さは「RSQ V2 NS 80w squonk」に付けたせいもあり少し重く感じます。
作りは結構しっかりとした作りでトップキャップの所も綺麗な仕上げで微かにアールが付いてたりしていて凝ってます。ただ、マークがイマイチいけてない気もします。(好みの問題!)

リキッド漏れも今の所全くないですし、とにかく美味しいオススメのアトマイザーです。買ってよかったです!!
今回は、星5つです。(FROGMAN個人の感想です!)

それでは次回をお楽しみにね (*゚▽゚)ノ

(ーoー)y~~~ ケロ、ケ~ロ